授業名:「はじめてのキノコ学 ~「きのこ」という生物を理解する~」

日時・場所
11月22日(日)/鳥取大学湖山キャンパス
担当者
早乙女 梢(農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター 准教授 (遺伝資源評価保存研究部門))
構成
60分+議論
内容
 どのような生物がきのこ(菌類)と呼ばれており、それらが自然界でどのように生活しているのか、また、生態的にどのような役割を果たしているのかを学ぶ。現在の地球はきのこ(菌類)を含めた様々な生物が存在することで成り立っていることを認識する。きのこの培養菌体に試薬を滴下することで、菌種により反応が異なり、分解に関する特性に差があること理解する。
到達目標
【知識・理解】
「菌類」・「きのこ」と他の生物群との違いを理解し、特徴を説明できる。きのこ(菌類)の生 態系における分解者の役割を理解し説明できる。菌類の生態として、腐生・寄生・共生を理解し 説明できる。
【科学的探究能力】
きのこの本体が菌糸であることを理解し、試薬に対する反応性が菌種や菌株によって異なること を理解する。