事業概要


鳥取大学では,「めざせ!地球を救う環境博士」環境基礎プログラムに参加する受講生を募集しています。このプログラムは,国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の事業である「ジュニアドクター育成塾」に採用された,特別な教育プログラムのうちの1つです。
科学,とりわけ理科の領域に,強い意欲と高い能力をもつ小学校5・6年生と中学生を対象として,公募・選抜を実施し,受講生を決定します。
鳥取大学及び米子工業高等専門学校のキャンパスで,「環境」についての最新の科学的知見を講義・実験・議論によって学び,高度の科学的知識はもとより,これからの社会で必要とされる他者と協同しながら新しい考えや知識を生み出していくことのできる人材を育成します。

カリキュラムの一例


 科学リテラシーとは?

 砂漠化する地球を救え!

 モンゴル~黄砂研究の最前線~

 遺伝子・染色体の不思議な世界

 染色体に仕組まれた細胞の寿命

 カニの廃殻由来の新素材「キチンナノファイバー」の製造と実用化

 鳥インフルエンザのルーツを探る

 身の回りの水環境から環境問題を考える

 はじめてのキノコ学

※実施時には変更の可能性があります。

プログラム概要


※画像クリックで拡大出来ます。

2つのプログラム


「環境基礎プログラム」では,鳥取大学の5つのセンターと米子工業高等専門学校が,環境をテーマとした広範な内容の講義等を開講し,プログラムを通じて基礎的な探究技能や科学的思考力・表現力を育成します。
「環境探究プログラム」では,「環境基礎プログラム」修了者の中から選抜された児童・生徒が,3つのコースに分かれて専門的な科学的トレーニングを受け,本物の探究活動を行います。学会発表等の新たな科学的知識の創出とその発信の現場に参加します。
いずれの教育プログラムも,鳥取大学の大学生・大学院生がメンターとなり,手厚いサポートを行います。

運営組織


[教育・研究支援]

特色ある先進的研究センター
・乾燥地研究センター(全学組織)
・菌類きのこ遺伝資源研究センター(農学部)
・GSC 研究センター(工学部)
 グリーン・サスティナブル・ケミストリー
・鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター(農学部)
・染色体工学研究センター(全学組織)

[教育支援]

特色ある教育実践校
・米子工業高等専門学校

[連続的学習支援]

・ICT・教育的スキルの積極的活用
・メンター・附属学校部の協力

[事業の広報協力など]

・鳥取県・兵庫県・岡山県・島根県 各教育委員会