第7回講義

平成30年10月14日に,鳥取県米子市にある国立米子工業高等専門学校において,第7回講義が開講されました。

 第7回講義では,米子高専の藤井貴敏助教による「身の回りの水環境から環境問題を考える」の講義がありました。講義では,藤井先生から一見キレイに見える水でも実は汚れていることや,汽水湖は特に水の汚れが自然の力では改善しにくいことなどのお話を伺いました。また,米子高専にある2箇所の池の水を実際にくみにいき,水の化学的酸素要求量(COD)などの数値を測りました。受講生の皆さんは,試薬を入れた水の色をテスターと比べるなど,じっくりと測定を行っていました。議論では,水の汚れを防ぐ方法について様々な意見を交わしあっていました。

2018年10月15日|年度:平成30年度