授業名:地球環境の変化と人獣共通感染症

日時・場所
10月6日(日)/鳥取大学湖山キャンパス
担当者
伊藤 啓史(農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター(農学部共同獣医学科応用獣医学講座 准教授))
構成
60分+議論
内容
 人にも動物にも感染する病原体(細菌やウイルス)による病気を人獣共通感染症と言います。この数十年間に新たに出現し、問題となっている感染症(新興感染症)の多くは、野生動物に由来する人獣共通感染症です。講義ではそれらがなぜ出現したのか?地球環境の変化とどのように関わっているのかについて説明します。
到達目標
【知識・理解】
人獣共通感染症の出現と地球環境の変化の関係が理解できる。
【科学的思考・表現力】
人獣共通感染症の新たな出現を防ぐ上で、自然環境保全がいかに重要であるかを科学的に思考し、表現できる。